FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国上アースバッグハウス建築WS 2日目〜最終日

2014.10.14.Tue.20:19


ブログ更新遅れました。。本業が忙しくてついつい…。←言い訳の天才

2日目以降の話を綴ります。。



2日目には作業も少し慣れ、5段積み上げた。

この日から僕の左腰に激痛が走ることに…。。

マジで明日の作業出来るのか?

という不安の中、夜は自宅で療術師でもあるヒロさんに腰を治療してもらった。←感謝!!

3日目の朝起きると、ほぼ痛みがない!←ビックリ!!

3日目、ヘルパーさん達が大人数!さすが土曜日。

10人くらいいた。作業も進み、本当に助かった。






3日目の作業が終わる頃には、すっかり腰も良くなっていた。

汗は相変わらず尋常じゃないくらいで、この3日でかなり痩せた。身体が軽い。

3日目の夕飯も講師のヒロさんとコージさんと共に。

何気にこの毎日の夕飯&飲みが楽しみだったなー。

そして最終日4日目。







皆で乾杯したり、楽器でセッションしたりと楽しみながらの作業は超最高だった。

躯体も何とか上棟し、その瞬間に大雨が降ってきた。

雨予報の4日間だったはずが、ウソのように雨の降らない奇跡の連続の4日間だった。

天が味方した。

こうして僕らのミニアースバッグハウスの躯体が完成した。

最幸だった。

南魚沼から来ていたヘルパーのみそっちは泣いていた。

みそっちとハグした瞬間、ウルルン滞在記になりそうだった僕は涙を我慢するのに必死だった。

このフィールドが掲げる心的豊かさは、モノ創りや手創りを通して得られる仲間との絆や達成感。

まさに、その通りとなったアースバッグWS。

本当に心が満たされた。

チャレンジして良かった。開催して良かったなと思いました。


日本アースバッグ協会代表のヒロさん、そしてヒロさんの右腕のコージさん、4日間のWSを本当にありがとうございました!!

学んだ理論と技術を活かし、今後に繋げます。

そして4日間携わってくださった全ての皆さんに最大級の感謝とリスペクトを!

心から。



そして今後は…

外壁や内装、窓や入り口ドアを試行錯誤しながら作成し、ミニアースバッグハウスを仕上げていきます。

イメージは出来てますが、完成形がどうなるのか楽しみです。

このフィールドもどのように進化するのかもワクワクします。



僕がこのフィールドをやると決めた時、周りの仲間達は何故か

『そこでどうやって金生むの?』

『どうやってビジネスすんの?』

とか言われまくったけど、マネーやビジネスって括りより、自分としては『大人の青春』。要は遊び心。

ガキの頃に友達と防空壕跡地で遊んだり、小さな神社の木に登って秘密基地にしたり、ダンボールで創作基地作ったりとか、純粋に遊び心満載のことを大人になってやってるだけのことなのに、周りは何故か金やビジネスにすぐ繋げたがる。笑

まぁ、こんなんでも本業では吹けば飛ぶような会社のヒヨッコ社長だからビジネスに繋げたがるのも理解はしてますが。

いずれそうなればラッキー!

なレベルで頭の片隅に置いておいて、今はとりあえずゆっくりとこのフィールドを楽しみながら色々な仲間達と小さく創っていければいいなと想う。



けど、どうせやるからには

将来的には

『日本一小さいけれど、日本一ARTなキャンプ場』

にしたいです。

だからキャンパーが選んだ日本一のキャンプ場にも視察体験行って来ます。

で、単なるテントやタープのキャンプインだけではなく、超ARTなアースバッグゲストハウスやステキの極みのツリーハウス、オシャレなアースバッグのピザ窯や様々なBBQやワークショップが開催出来るデッカい手作りデッキ、ビンテージキャンピングトレーラーの内装をレストアしたシェアスペースや遊具なんかも皆で作りたい。

大人も子供も来たら驚くような、ファンタジーの世界観orジブリの世界観のパラレルワールドにしたいのです。

それにプラスα、国上のレジャーや観光とも共生しながら、燕市や国上の地域貢献もしていきたい。


ゆる〜りと、期限も設けずにじっくり楽しみながら…。




そしてこれだけはブレずに。

夢はでっかく、やることは小さくコツコツと。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。