FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テスト。

2014.07.31.Thu.23:02


アースバッグハウスに適した土のサンプルを色々な人に協力してもらいながら何種類も集め、自宅で第一次テストをしてます。



何度も何度も失敗。。

しかも2日〜3日後に結果が出るので、失敗ということは強烈に凹みます(笑)

苦労して土建屋さんの土を貰いに行ったり、砂利屋さんに行き無愛想に断られたりの繰り返し…。

GETしたかと思えばテストしたら失敗だらけ。。

不安がよぎります。。

アースバッグハウス、建てれんのか??と。

だが神は味方しました。

ようやく某設備屋さんからの紹介で土のサンプルを貰いテストしたら・・・

ついに合格しました!!!!

ぶっちゃけ土でこんなに歓喜したことねーし(笑)

どれかは言えませんがこのPhotoの瓶のどれかが適した土です。

がしかし

実はこの次は二次テストがあるのです。

二次テストに合格したところでアースバッグハウスに適した正式な土なのです。

なかなか簡単ではありません(笑)

でも絶対に諦めません!

だって仲間も必死に土を探してくれたから。忙しい合間を縫って色々な場所へ飛んでくれたから。

この土は仲間の想いもこもってます。

土以外にも砕石、グリ石が必要。

コンクリートミキサーも格安で手に入れた。

良い方向に進み始めてます。

沢山の協力者に心からの感謝を。


ありがとうございます!


明日は二次テストなり!!
スポンサーサイト

所有から共有へ。競争から共生へ。

2014.07.20.Sun.19:55
今日は午前中からフィールドの構想と照らし合わせて現場で打ち合わせしました。

アースバッグハウスをフィールド内の何処に建てるか?

そしてその後の展開のイメージは出来てるので、先ずはざっくりとフィールドの未来予想図を描こうと思います。

ワクワクするけど、絵心がないってゆーね(笑)





そしてアースバッグハウス建築の準備も始めています。

適した土選び、必要な道具の準備など様々です。




道具にはレンタルしなきゃいけない物もありますが、ダメ元でFacebookで貸してくださる人を募集してみました。



やはり2tダンプやコンクリートミキサー、小型バックホーなんて持ってる個人は早々いない(笑)

予想通り(笑)




ま、レンタルが有力ってことで!






ここの立地は国上(くがみ)。

野積海岸や寺泊海岸が近いから午後はちょこっと海沿いをドライブ。

やはり天候に恵まれると気持ちいい〜!人いっぱいいたー!





夏ですねー!!






しかしまぁ、海沿いを走ってるとバブル時代の産物の空き別荘がチラホラ目に入る。

不動産屋も売買だけの目的ではなく、お洒落にリノベーションして賃貸物件にするとかしたら少しは埋まると思うんだけどなー。※太平洋側ではそのような方向性の不動産屋も幾つかあります。いずれもめちゃお洒落です。


それには借主側にも思考のシフトが必要。





例えば仲間達10人くらいで借りる。だが契約名義は1人だから10人の中で代表が借りる手続き。

で、月々の諸経費は10人で割る。1人当たりの負担は格安になる。ちょっとしたルールですね。

すなわち、気に入った物件を10人でシェアする訳です。

所有ではなく、共有。


そして仲間達と一緒に補修したりリノベーションしたりする。リフォーム業者はなるべく入れない。


自分達で創る。

その方が豊かです。

つまり、達成感や絆が新たなに生まれます。

共生社会は皆が幸せな気持ちになります。

結果、10人のオーシャンビューの秘密基地が誕生します。定期的に飲み会やBBQ、秘密会議⁈大人の合宿⁈も出来ます(笑)




売買はこの時代になかなか難しいし、固定資産税やら登記手続き等で費用も増えます。


賃貸か売買。


もちろんどちらにも一長一短ありますが。。





「共有」という考え方は今に始まった訳ではなく、特に関東ではシェアハウスやシェアオフィスなどにシフトしてきていますよね。シェアハウスには特に賛否ありますが。。


でも僕はポジティブに捉えたいと思います。

この国上のフィールドも、「シェアエリア」という発想です。

土地を皆でシェアする。





競争社会から共生社会へ。

この土地を仲間とシェアし、土地をアートやデザインをしながら、新たな豊かさを感じたいと思います。

地創塾。

2014.07.14.Mon.21:00
今更ゆる〜く自己紹介を。

僕は長岡生まれ長岡育ちのアラフォー男子です。

一応会社経営して9年目。

長岡と柏崎にリラクゼーションサロンを2店舗とスクールを運営してます。


僕は元々「生涯現役セラピスト」っていう考えではないし、他にもやりたいこと沢山あるから一先ずリラクゼーション業は9年目でほどほどにしようかと。(力を抜く訳ではないので悪しからず)


で、色々考えた結果このフィールドもやりたくなったからやり始めました。

豊かさを発信したい気持ちは変わらないけど、このフィールドは仲間集めのためにやりたい訳ではなく

しかも元々の仲間内でやる訳でもなく

たとえ僕1人だとしてもチビチビと開拓したいと思っています。←寂しい



やりたいからやるんだし

本業(リラクゼーション業)も同じ気持ちで始めたから、やりながらいつの間にか店も増え、スタッフも増え、お客様も増えました。




結果、そうなっていった。てな感じです。※もちろんコンセプトや緩やかなビジョンもありましたが。




だからこのフィールドも同じようなスタイルでコツコツとやれたらなと思います。




・・・とか言いながら、できれば一緒に創ってくれる仲間は欲しいけど(笑)

だって、達成感や絆や楽しいことは皆でシェアしたいし。もちろん苦労も困難も乗り越えたうえで(笑)

それが1人より、多い方が心が満たされるし。





今のところ、造園業、大工、飲食業、旅するセラピスト、起業を夢見るドリーマーの男性陣と、保育士免許保持者の女性が仲間入りしました。



有難いです。感謝です。




話吹っ飛び

このフィールドにはそこそこ立派な大きめのケヤキの木がありまして。
20140714193921182.jpg

シンボルツリー

シンボルツリーにしようと思っています。




この木にツリーデッキかツリーハウス作って、アートツリーにしようと造園業の仲間と妄想してます。

まだなんのノウハウもないが(笑)




今、僕は栃木の非電化工房http://www.hidenka.net/indexj.htmの藤村先生の「地方で仕事を創る塾」の12期生。

通称、地創塾。

地創塾とは、「地方で いいことで 愉しく稼げる仕事」を生み出したい人のための塾。

セオリーも学びますが、実践的なビジネスも創ります。



何故、僕が学んでるかというと、このフィールドでの豊かさを発信するための5つのポイントとして挙げた中の1つに、新たな暮らし方や働き方として多拠点住居やノマドワーカーがありましたが、都会だけでなく田舎や地方でもそのようなモデルが存在することを学びたかったから。そして学んだことを自ら実践し、結果を出して広めたいから。

藤村先生の著書「月3万円ビジネス」を読み、その発想が斬新だし面白いなと思ったのがキッカケ。※詳しくは読んでみてほしいです





まだ卒業してないが、学んだことをこのフィールドでも必ず生かしていきたいと思う。



タカでした。









始まりのブログ。

2014.07.05.Sat.23:45
どーも。タカです。

このブログは、フリーアートフィールドが立ち上がってから、素敵に出来あがるまでの奮闘日記みたいなものになると思います。

素敵に出来あがるかはまさにこれからなんだけど、不安より希望が勝ってるのでワクワクしながらも、沢山失敗をしながらゆる~りと綴ってみたいと思います。




じつは昨年からフリーアートフィールドの前身の活動(琉木人というグループ。)に相応しい土地を探し回り、幾度となく様々な地へ足を運んだ。



当初は古民家物件を探していたが




「これだ!俺の細胞スパーク!!」




っていうくらいのインスピレーションで、強烈な物件(古民家で囲炉裏部屋2部屋、蔵付き、露天風呂付き)に出会ったのだが

不動産屋との長期化した交渉も順調かと思われた矢先

突然、開業医にキャッシュで買われてしまったのだ。。



そりゃさ、現金に目が眩むよね。不動産屋も。。



用途は別荘とのこと。



「別荘だと? もったいない!!俺が買ったら所有なんかせず、いろんな人に共有して素敵な場所にすんのに!!アンタ、俺を優先してくれるんじゃなかったのか?」



不動産屋に言いかけたが、言っても手に入る訳ではないし大人気ないので思いとどまった。

ま、不動産屋も間違ったことはしてない訳で。

ビジネスってやつだからね。まぁ。




時に腐りながらも何とか気持ちを切り替え

「俺は誰よりもポジティブなんだよコンニャロー!」

と見えない相手に啖呵を切り、本当に沢山の物件を見させてもらった。




建物ありき!で探してたのだが、ある日某不動産屋から電話が入った。

「自然に囲まれた隠れ基地みたいな土地があるのですが…今は解体されて建物はありませんが、五十嵐さんが好きそうな物件です。」

電話の話では正直あんまり興味はなかったのだが、とりあえず行ってみた。





燕市国上(くがみ)という住所。

行って驚いた。

以前、購入しようとしてた古民家物件も国上だったのだ。




「マジか…こりゃ何かの縁だな」



その土地は細い道を下った森の中にポッカリと空いた中にあり『マジで知る人ぞ知る隠れ基地っぽくてイイかも!寺泊海岸や野積海岸も近いし!!』となり検討してみることに。


約365坪。元々は古民家や蔵が建ってたらしく、解体されて更地に。





不動産屋も表に公にしなかった物件で、理由は過疎地だから。



こんな田舎では誰も住まないだろうと。





僕は考えが逆だ。

暮らし方も働き方も多拠点の時代だし、むしろ田舎の方が自然と調和しながら生きる、すなわち地に足を付ける生き方だよなぁとシンプルに思うから。

3.11以降、更に想いは強くなったと感じる。



もっと人間らしく、もっと自由に、ある意味野生的に、今までの固定概念を一度ぶっ壊して、物が溢れ過ぎた文明や便利過ぎる文化を今一度見つめ直そう。

そして自分達で手創りする文化を思い出そうと。



自分への問い。それこそがこのフィールドを立ち上げようと思ったキッカケ。



で、話戻しますが

「この国上の土地をアートしてったらスゲェ面白そう!ま、どうせやるからには一緒に創る仲間も欲しい!楽しいことは大勢でシェアしたい!」




そんな想いからこの土地を手に入れ、所有ではなく共有で土地をシェアし、自分達で創り、自分達で縁を繋ぐ「自創自縁」の実験場をこの地から発信してみたいとなった訳であります。






それまでは国上という地域すら知らなかった自分。




とても素敵な地域なんです。

良寛や上杉謙信ゆかりの地、野鳥保護区、自然公園、吊り橋、国上山、国上寺、五合庵、トレッキングなどなど…

挙げたらキリがないくらい魅力があります。

知らなかった自分が恥ずかしいです。。




僕は長岡生まれ長岡育ち。

長岡は大好きだけど、未練はない。




シンプルに、自分の好きな場所で、好きな人達と好きなことをやれたら幸せだなと思う。


まぁ、そう甘くはないでしょう。

まぁ、無謀と思うでしょう。

だけど出来るか出来ないかを考えるより、やるかやらないかの選択肢しか持ち合わせてないもんで。

だからとりあえずやる!





超シンプル思考です。




てことで

夢はでっかく、やることは小さくコツコツと。



この土地に出会えたことに感謝です。



自由に仲間達とアートする素敵な場所

Free Art Field Kugami

始めます。

Free Art Field サポーター募集!!

2014.07.01.Tue.11:35
『Free Art Field Kugami』のfacebookページ
https://www.facebook.com/pages/Free-Art-Field-Kugami/317335728421657

一緒にこの国上の自然豊富なフィールドをデザインしたりアートする仲間(サポーター)を募集しています!

海も比較的近く、野鳥保護区の森に囲まれた365坪の隠れ基地です。

現在は更地ですが、これから手創りでミニマムハウスを建てたり、アトリエ工房やゲストハウス、ミニカフェ創るのもアリ!?

この土地を仲間達でどのようにアートし、素敵に変わるのかが楽しみだし、無限の可能性を秘めています!




自然の恵みで生きる感性を養いませんか?

大人の青春、しませんか?




是非このフィールドを共にシェアし、心の豊かさを創造しましょう!!




『Free Art Field Supportersとは?』

同じベクトルの人達と自由に創り、縁を繋ぐ【自創自縁】を目的とし、新たな豊かさを提案する活動を行っています。このグループ内はサポーター同士のポジティブなコミニティーの場であり、自己紹介やイベントの告知、ワクワクするようなアイデア、活動に対する提案など、人と人との化学反応が起こることで無限の可能性を最大限に引き出したいと思っています。




★サポーター特典★
①自分に合った新たな豊かさのヒントが得られる
②同じベクトルの者同士だから最高の仲間が出来る
③手創りすることでの知識と技術は勿論、達成感と喜びが得られる
④各種イベントやワークショップ、月1のサポーターズパーティーの立ち上げや参加
⑤Facebookのサポーター特設グループページで自己紹介や情報意見交換
⑥自然の恵みで生きる感性と大人の青春が得られる


■応募条件
一緒に本気で自創自縁したい方ならどなたでもOK!性別、年齢、経験は問いません。週末だけとか自分の休みを利用してのサポートなど、自分の都合で構いません。

adventure-trip@i.softbank.jp宛に、またはFree Art Field kugamiのFBページ管理人の僕宛(五十嵐貴博)https://www.facebook.com/takahiro.ikarashi.1にメッセージで自己紹介文(お名前・ご職業は必須)を明記の上、お送りください。

※adventure-trip@i.softbank.jp宛の場合、入会案内メールも何も返ってこない方は、お客様の携帯上で「ドメイン指定受信」もしくは「インターネット拒否」の設定がされている場合がございます。設定変更を行い、再びadventure-trip@i.softbank.jpにメールしてください。


【管理人】
Free Art Field 五十嵐貴博(通称タカ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。